#98114  追伸
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2020年1月22日 20時27分
きっと皆さんはそこに「救われた」と
言っているのです。今の僕はそう思います。
先の未来では分かりませんが。
この感覚が分かってくれたなら、他の作品、
特に番犬もヴァンパイアも何が残されているのか
分かると思う。多少歪んではいるものの、
主人公達には人を想う心があります。
怖いと思う人もいると思います。
理解出来ないという人もいるでしょう。

その感覚を生み出すもの、
それを僕はエーテルと呼びます。
何故なら僕はリリイホリックだからです。
[ REPLY ]



#98113  「リリイ・シュシュ」に救われた人とは
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2020年1月22日 20時11分
僕はリリイに救われた人の一人でしょう。
何故なら、作品の中に自分と同じ感覚を持つ投稿者達が居たからです。
フィリア達が体験した事は体験していない。
でも、フィリア達の感じたもののほとんどを
同じレベルで共感出来たのです。
ひょっとしたら、自分でそう感じているだけ。
そう思われているかもしれませんが、
誰が何と言おうと僕はリリイホリックです。
サティの分身です。
確かに、小説後半での展開は、
救いどころか絶望しかありません。
それをとてつもなく愛している僕は、
はっきりいって異常者かもしれない。
しかし、映画の展開では、
その異常者に最後の砦が残りました。
久野陽子の存在です。
残されたものが他者であり、愛している者で、
それが彼をただの異常者ではない人物に
していると分かり、僕は安心したのです。
そこにあるのは、僕の中にもある感受性だから。
[ REPLY ]



#98112  Re: もう一度リリイ
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2020年1月21日 12時41分
デリカシーがない
[ REPLY ]



#98111  もう一度リリイ
HANDLE:  DATE: 2020年1月20日 21時34分
リリイシュシュの新しい映画を望んでも良いのなら、“リリイ・シュシュのはじまり”ってのはいかがでしょう?

リリイが生まれてから、中学生になってライブで歌うようになるまでのお話しです。

そう言えば、カエルノウタを歌っている人も、幼少の頃に両親離婚し、大阪からお母さんの実家がある大分へ引っ越ししてますね。

[ REPLY ]



#98110  Newcomer
HANDLE: センイ DATE: 2020年1月20日 20時26分
最近リリイを知って、初めてここに来たよ
もっと早くに知りたかったなぁ

[ REPLY ]



#98109  すげえいっぱいいるな
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2020年1月19日 14時14分
番犬の文庫本があったぞ。
マノン・ロコのCDも欲しいなあ。
ウマソーが好きなアーティストなのです。
きっとリリイ系に違いない。

誰にも会いたくないので、柱の影で隠れて聴く。学校の同僚達にも、生徒達にも。

いい感じに筆が進むのです。
そういえばパスカルさん、
新作小説書いたって書き込んでたなあ。
どんな話なんだろう…

そろそろ始まるみたい。頑張って下さい!
[ REPLY ]



#98108  取材中
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2020年1月19日 13時30分
音楽教師はHMVに立ち寄り、
入口に用意された
リリイの特設CD売り場を覗くのです。

ラストレターの小説が置いてあるぞ。
リリイの文庫本も置いたらいいのに。
リリイの呼吸も置いたらいいのに。
あるかな。探そう。
[ REPLY ]



#98107  到着
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2020年1月19日 13時15分
今日はインスピレーションが絶好調なのです。

僕がもし、リリイのオマージュを創るなら。
少しずつ書き足しているのです。
リリイファンの音楽教師(女)の物語です。

リリイと初めて会ったシーンは、
フリーモールのミニライブにしよう。
今日はその為の素材集めなのです。
[ REPLY ]



#98106  Mステ
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2020年1月18日 19時34分
昨日はMステでカエルノウタが
初披露されたのです。その頃僕は映画館に居た。

僕は知っているのです。
リリイはMステに出た事があります。
タモさんに紹介されたリリイの第一声。

「よろしく。こんばんはー…」

リリイ喋った!見た時、僕は感動したのです。
リリイはめちゃめちゃ緊張しながら歌っていた。
エーテルの具現者。エーテルの巫女。
エーテルの歌姫。僕らのリリイ・シュシュ。
TVは苦手なのです。
リリイホリックならば知っておこう。
[ REPLY ]



#98105  リリイ・シュシュについて
HANDLE: takion. DATE: 2020年1月18日 11時38分
まだいるよね?

[ REPLY ]



#98104  新しい宿
HANDLE: takion. DATE: 2020年1月18日 11時34分
 わたしは住んでないのだけれど、新宿という場所が東京にある。
 新宿からギャルが消えたらしい。
 もう遠い昔になったんだな。
 あれから、もう何年経ったんだろうなんて、どうでもいいくらいに、遠い遠い、それは遥か昔の話、、、という様に。
 新しい事なんて、もう何も起こらない気がする。
 12月8日すら、永遠に12月8日なのだ。
 5Gオリンピック東京だってさ。
 後、なんだっけ。

 だからみんな死んでしまえばいいんだっけ?。
 だから、何がいいのだろう。

 ネコを飼おうと思ったけど、永遠に飼う事はないだろう。
 何故なら、臭いからだ。

 

 

[ REPLY ]



#98103  Re: 自由に、躊躇なく
HANDLE:  DATE: 2020年1月18日 10時31分
リリホリノオオホラフキ wrote:
> 白い風船はヴァンパイアではなく、
> リリイでやる予定だった。

水の中を漂うカエルも白い風船のよう

森七菜ちゃんの生歌
決して上手とは言えないけど、
若々しくて良かったと思います。

[ REPLY ]



#98102  Re: この場を借りて
HANDLE: うめ DATE: 2020年1月18日 2時20分
散る wrote:

初めまして。
分かります。僕にも就活に悩んだ時期があった。岩井さんの元でということは映像業界に就職希望しているのでしょうか?

僕も昔君と同じようにもがいていました。
紆余曲折いろいろあったけど、現在は映像業界とは違うところで働いています。

夢をあきらめたのかと聞かれると、僕は黙って首を横に振る、それくらいしかできません。

あきらめの悪い男なんです。

もし君もまだ夢を持ち続けているなら、その夢を追い続けてほしい。決して生易しい夢ではありません。それはどの業界に言っても同じことです。

I wanna be...
[ REPLY ]



#98101  観ました
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2020年1月17日 23時31分
当初行く予定だった映画館をやめて、
別の映画館にする。人多いの嫌なんだよな。
ここならゆっくり観られるはず。

右手の指に「dž」と書いた。
誰かに見つけて欲しい訳じゃない。
僕が僕を見失わない為の証が必要なのだ。
パスカルさんの作品はいつもそうだ。
その感性、その世界は確かにある。
君はちゃんと存在している。そう言うのだ。
きっと今日は色んな人が観てる。
演者のファンとして観る人も居るだろう。
そんな中、僕らはエーテルの砦の住人として、
作品の理解者としてここに居るのだ。

過去を振り返る、気持ちが蘇る、想いを抱える、
そうして人は生き返るのです。
[ REPLY ]



#98099  自由に、躊躇なく
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2020年1月16日 21時11分
白い風船はヴァンパイアではなく、
リリイでやる予定だった。
リリイホリックならば聞き逃せない、
重大なエピソードなのです。

しかし、そのシーンは現れなかった。
僕も投稿をしていて時々思うのです。
これは今投稿すべきではない。
必要性がない。この投稿文の置き場がない。
置くとして、これを結ぶには大量の感性を
消費せねばならない。そうした結果、
辿り着いたそこにエーテルはあるか?
連鎖反応を起こせる感受性がそこに無ければ、
エーテルは生まれないのです。

明日はいよいよラストレターの公開日です。
リリイのライブのように、パスカルファンで
目印を付けていくのも楽しいでしょう。
我々は必ず観に行きます。
あなたの隣りに座っています。

(了)
[ REPLY ]



#98098  Re: Re: 楽しみにしています
HANDLE:  DATE: 2020年1月15日 21時54分

私にはわかります。ソラリスさんはビルから飛び降りてはいないし、死んでもいません。たぶんソラリスさんは、このBBSを今も悠々と見ていることでしょう。なぜなら、ソラリスさんがここに書いたことの多くが、小説からの転載であることに私は気づいたからです。
しかし、ソラリスさんが好きだった彼女が彼に会いに来た後で交通事故に遭った話は見つけることができませんでした。
ソラリスさんの彼女が事故に遭ったお話し、彼女がボールペンに忍ばせたメモのお話しの出所はわかりません。何故ここに、そのような投稿をされたのか真意は謎のままなのです。

[ REPLY ]



#98097  Re: 楽しみにしています
HANDLE:  DATE: 2020年1月15日 21時53分
砂 wrote:
> 君に会いたい。それが叶うなら、死んでもいいかな。そう思った。


小説「ラストレター」の中の一節です。
パスカルさん、勝手に掲載してごめんなさい。
小説を読んだとき、既にどこかで読んだと思ったら、ここで以前に見たことを思い出しました。
図書館があるビルの屋上から飛び降りたソラリスさんがここに書いていましたね。
ソラリスさんは私より先にパスカルさんの小説を読んでいたと言うこと。

(続く)

[ REPLY ]



#98096  楽しみにしています
HANDLE:  DATE: 2020年1月15日 21時48分
「部屋が薄暗くなり、空気が二つに分裂する瞬間…」


太陽は山の彼方に落ち、西の空は真っ赤に染まっていた。
ああ、君がもうこの世にいないなんて。
東の空から深淵のような夜の色が近づいていた。
彼女と別れて大通りに出ると雨が降ってきた。大学時代、君と二人でずぶ濡れになって帰った夜のことを思い出した。
君に会いたい。それが叶うなら、死んでもいいかな。そう思った。


リリイ・シュシュからラストレターへ
そして、リリイ・シュシュへと続く。

映画、楽しみにしています。
[ REPLY ]



#98095  楽しみにしています
HANDLE:  DATE: 2020年1月15日 21時48分
「部屋が薄暗くなり、空気が二つに分裂する瞬間…」


太陽は山の彼方に落ち、西の空は真っ赤に染まっていた。
ああ、君がもうこの世にいないなんて。
東の空から深淵のような夜の色が近づいていた。
彼女と別れて大通りに出ると雨が降ってきた。大学時代、君と二人でずぶ濡れになって帰った夜のことを思い出した。
君に会いたい。それが叶うなら、死んでもいいかな。そう思った。


リリイ・シュシュからラストレターへ
そして、リリイ・シュシュへと続く。

映画、楽しみにしています。
[ REPLY ]



#98094  この場を借りて
HANDLE: 散る DATE: 2020年1月14日 23時57分
就活目前早々行き詰まり。
岩井さんの元で助監督できたら本望だけどさ。
こんなところに来て書き込んでたってしょうがない。
分かっちゃいるさ。

ラストレター、楽しみだな。
[ REPLY ]