#98036  Re: 砦前にて
HANDLE: takion. DATE: 2019年11月29日 1時3分
リリホリノオオホラフキ wrote:
> 僕はLilyholicの門番。

 お久しぶりです^。
 リリホリノオオホラフキさん。

 あのー。
 ネガティブな書き込みをする事がありますけど。これは私じゃないと思いたいので、何も触れないでくださいね。
 涙が溢れ出てくる事があるのです。
 止めようにも、どうにもならずに。
[ REPLY ]



#98035  砦前にて
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2019年11月28日 22時20分
僕はLilyholicの門番。
今日もLilyholicをパトロール。
お、takion.さんじゃないか。久しぶり。

最近僕は絶好調です。
パスカルさんのラストレターのような出来事が
自分の身の上に起きました。不思議だなあ。
なんでこんなタイミングいいんだろ。
その日、その時、その場所に居なければ、
決して起きなかった出来事です。

それは僕がリリイホリックだからだと思うし、
本当にLilyholicには感性の触媒になる「何か」、
つまり、エーテルがあるんだと思います。

一緒にラストレターを観に行けたらなあ、
と思ってました。残念。
リリイの誕生日にデートしたかったなあ。
リリイ・シュシュの話をしたかった。

どんなに最善を尽くしても「その後の世界」では
それが最悪だったりする。逆だって起きる。

つまり、エーテルが世界を満たしているだけ。
そういう事みたいです。
[ REPLY ]



#98034  はろーいえろー
HANDLE: takion. DATE: 2019年11月28日 11時50分
冬か。
 暖かいんだ。なま暖かい。
 調子を崩してしまわない様にしたい。
 バカげた事に振り回されないように、Endを打ちたい。
 延々付き合わされるのはゴメンだよ。そうさ、あいつには死んでもらう。

 ふざけるんじゃないよ。
 もううんざりだお前には。

[ REPLY ]



#98033  
HANDLE:  DATE: 2019年11月24日 4時58分

[ REPLY ]



#98032  仕事のやり方
HANDLE: うめ DATE: 2019年11月24日 4時57分
職場で自分より若い者と働いている。
その者たちは自分の仕事のやり方にある法則がある。
僕個人としては、そのやり方についていくのは非常に疲れる。僕はある病気を持っていて、人の言っていることをすぐに自分のことと勘違いしてしまう癖があるのだ。
だけど仕事はそのことに、まあ僕が影響を受けて口をはさんだりしなければ、特に大きく道を外れたりしないので進んでいく。問題は自分がそこで、その仕事のやり方にうまく順応できるかだ。

若者は戦っている。僕は果たして戦っているのか?
[ REPLY ]



#98031  
HANDLE:  DATE: 2019年11月22日 22時54分

[ REPLY ]



#98030  カエルノウタ
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2019年11月21日 12時48分
我らが管理人パスカルさんが
新作「ラストレター」の主題歌の
作詞をしてる事が判明したのです!!!
喜べ!リリイホリック!!
タイトルは「カエルノウタ」だ!

カエルと言えば、
僕らリリイホリックが思い当たるのは
かの有名な投稿者「カエル」さんです。
彼、あるいは、彼女は、
Lilyholicにとても重要な一文を遺しているし、
たとえ全く関係なかったとしても、
すでに僕はエーテルを感じ始めているのです!
[ REPLY ]



#98029  2222
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2019年11月14日 22時25分
茶碗蒸しを半分まで食べたら、
これ以上はとても食えない状態になってしまい、
2人を見ないようにしながらトイレに行く。

あぁ。どうしたらいいのか。
注文しないんならさっさと帰るだろう。
あの若い女も、どんだけ食べるんだよ。

トイレにいったのではなく、
冷水を取りにいったフリをしながら
自分の席に戻ると若い女性が会計をしていた。
似顔絵おばさんにありがとうございます、
と言って去っていく。

ひょっとして、思い違いだったのだろうか。
いや、先に店外に出て待ち伏せするつもりかも。
すると、おばさんはいつの間にか入店してきた
カップルの似顔絵を描き始めていた。
もういい。もう十分楽しんだ。

会計を済まし、似顔絵おばさんに会釈をした。
おばさんは僕に笑顔で手を振っていた。
会計は2222。ゾロ目であった。

(完)
[ REPLY ]



#98028  2222
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2019年11月14日 22時6分
2人の様子を注意深く観察しながら、
寿司を注文していく。
コイツらより先に席を立つ訳にはいかない。
一緒のタイミングで店外に出ようとするからだ。

30分…45分…。
2人が入店してからならば、
すでに1時間は経っているはず。
おばさんは注文を一切しなくなり、
でも席を立とうとはしない。
タブレットPCをいじっている。
やっぱり僕が会計するのを待ってる。

もうお腹いっぱいなのに。
デザートも食べたし、早く帰りたい。
おばさんはまったく話しかけて来なくなり、
若い女性はまだ注文を続けている。
僕はもう一度、茶碗蒸しを頼んだ。
[ REPLY ]



#98027  2222
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2019年11月14日 21時35分
彼女をこのおばさんから
なんとしても守らなければならない、
と変な正義感が湧いてきたので
しばらく似顔絵おばさんの様子を見ていた。
そして思案にふけった。

僕が入店した時には、彼女もおばさんも
すでにカウンターに2人並んでいた。
おばさんは僕に似顔絵を描いた後、
彼女の似顔絵を描いた。おかしいぞ。
おばさんは何故、先に居た彼女の似顔絵を
描かなかったんだ?

そうか、2人はグルだ。そうに違いない。
よくある手口だ。僕は騙されない。
[ REPLY ]



#98026  2222
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2019年11月14日 21時21分
気を取り直して寿司を注文していたら、

「お年はおいくつ?」

と似顔絵おばさんは聞いてきた。
いよいよ何かの勧誘じゃないか?と疑った。

年を答えたら、

「こちらのお嬢さんと10個違い!」
「私と30違い!」
「若いっていいね!」

とおばさんは笑っていた。
いつの間か逆の席の若い女性は
自分の下の名前と年齢を
このよく分からないおばさんに提供していた。

君は早く帰りなさい。俺が引きつけておくから。
僕はリリイホリックだから
この手の輩には慣れているのです。
[ REPLY ]



#98025  2222
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2019年11月14日 21時2分
案の定、話は盛り上がらず似顔絵を持て余す。
まだ味噌汁しか頼んでない、ついてないなあ。
早く帰ってくんないかなあ、とか考えていたら
似顔絵おばさんは逆の席に座っていた
若い女性を描き始める。

あぁ、可哀想に。ゆっくり寿司食べたいよね。
こんな狭いカウンター席で
馬鹿でかい自分の似顔絵渡されても困るよね。

「どうぞ!」

似顔絵おばさんは彼女から
僕とまったく同じ方法で下の名前を聞き出し、
さらさらさらと書き記す。
手慣れた感じに、嫌悪感しか湧かない。
[ REPLY ]



#98024  2222
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2019年11月14日 20時49分
そのおばさんは、持っていたタブレットPCの
画面を僕に見せながら、自作を紹介していく。
あぁ、面倒臭い。

この手の輩は、こっちが興味なくても
延々とコミュニケーションをとり続ける。
Facebookがどうだこうだとか、
インスタがどうだこうだとか、
いや、俺はリリイホリックだから
そういうの興味ないんだよ!と心で叫ぶ。

エーテルの砦さえあれば他はいらない。
僕はリリイホリックなので。
貴女は絵描きでしょ?
紙さえあれば、他いらないんじゃないの?
そんなに繋がりたいのなら俺とじゃなく、
そのSNSの中でしなよ。

わあ、上手ですね。
これしか言葉は出てこなかった。
[ REPLY ]



#98023  2222
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2019年11月14日 20時27分
何故、机の狭い回転寿司屋のカウンター席で
似顔絵を渡されなきゃならないんだ。
似顔絵が邪魔で寿司が置けないだろう。
何しに来たんだお前は。

腹が立って仕方なかったが、
騒がれても嫌なので相手に従い、名前を名乗る。
さらさらさらと僕の名を添えて、

「どうぞ!」

と満面の笑みで僕に渡す。
はぁ、とため息を心の中でついてしまう。
何でこんなヤツばっか寄ってくんだよ。
そういうフェロモンでも出てるのだろうか。
[ REPLY ]



#98022  2222
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2019年11月14日 20時16分
僕はいつも変な人に遭遇する。
今日は回転寿司でご飯を食べていたら、
隣の席に座っていた絵描きっぽいおばさんが
僕をスケッチし始めた。

あぁ…また出たよ、この系統の人。
上手いとか下手とかじゃなくて、
人の許可なく人を描くなよ。
描く前に一言ないのか。
注文した寿司が届く前に絵が完成したらしく
僕の腕をチョンチョンと触ってくる。

「下の名前は何ですか?」
「勝手に描いてごめんなさいねぇ」
「立派な鼻筋をしてらしたから…」

完成した似顔絵にモデルである僕の名を
書き込みたいらしい。いい迷惑だ。
[ REPLY ]



#98021  次回予告
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2019年11月10日 22時15分
俺もお前も泣かなくていいんだよ。
俺とお前は何も悪くない。
お前がそんなに抱える必要はない。
俺も抱えるつもりがない。
好きにやろう。お互い好きに生きよう。

殺すのは馬鹿らしいし、死ぬのは待てないだろ。
もういいんだよ。初めから壊れてんだから。
イカれ女に主人公ヅラさせるのはやめよう。

俺達がこれから主人公だよ。
[ REPLY ]



#98020  乞うご期待
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2019年11月10日 21時59分
じゃあどうしようか?と考えて、
破壊する他ないな、と思ったのです。
数年前です。今では見事な壊れっぷりです。
修復は不可能です。
それでバランスが取れるなら良いと思ってた。

その影に隠れて、犠牲になってる人間が
新しく生まれてしまっていた事に
気付いていたら良かったのですが、
現実での脚本作りは難しいです。

現実は命尽きるまで物語が進行します。
死ぬまで幸せにはなれないし、
死ぬまで不幸せが続くとも限りません。
脚本通りに生きれる訳はありません。

後悔などしていません。
明日も夢が現実になるように僕は、
いっぱい壊して、いっぱいつくり治します。

そんな脚本の中で僕は立派な主人公になります!
[ REPLY ]



#98019  ある投稿者の物語
HANDLE: リリホリノオオホラフキ DATE: 2019年11月10日 21時54分
僕には、どうしても許せない人間がいます。
彼女は人を不幸にする天才です。
とんでもない事をするたび、
自分に非があるとは全然思わず、
むしろ自分は犠牲になっていると感じています。
病気です。明らかに病気ですが、
僕にはこれ以上、どうする事も出来ない。

何故こんな人間がのうのうと生きて、
笑ってられるのか。全然理解出来ない。
殺してあげたいのですが、したとして、
更に周りは不幸になるだけだと思うと、
早くこの人の命が尽きてくれ、
と神様にお願いするしかありません。

でもそれじゃやっぱり理不尽でしょう。
神様にお願いしなきゃどうにも出来ないとか。
そんなだから繰り返すのだ、と。
[ REPLY ]



#98018  
HANDLE:  DATE: 2019年10月31日 10時58分

[ REPLY ]



#98017  夏の王様を聞いた時、ここを思い出しました。
HANDLE: WATERCHIRE DATE: 2019年10月28日 19時40分

大丈夫 地球はちゃんと回って
明日をくれるから
[ REPLY ]